料理 生活の知恵

排水溝ネットで洗い物を減らす!料理の時短テクニック!

こんにちは!

まさはる です!!

以前もお話したのですが、
私は最近料理に少しハマっています!

作れるレパートリーが増えてくると、
だんだん楽しくなってきました!

これで妻を少し楽にさせてあげれてたらいいなぁ、、
と、ひそかに思っています。笑

料理をするにあたって大事なことといえば、
何でしょうか??

味、品数、見栄え等々、
人それぞれ
思いつくことはあると思います。

様々ある料理を作るにあたって大事なことの中で!
特に私がよく意識していることは、

『いかに時短できるか!』です 😎

育児をされている方や、
仕事から帰り少ない時間で、
ごはんを作らなくてはいけない方などは特に!

もし料理をできるだけ時短して作ることができたら、
とても楽だと思います!

ということで今回は!
『排水溝ネットを使った料理の時短テクニック』
をお伝えしようと思います!!

こんな方におすすめ

  • 忙しい中でもご飯をしっかり作りたい方
  • 料理で少しでも時短したい方
  • 洗い物をできるだけ減らしたい方

排水溝ネットを料理に使うことに抵抗がある方には、
あまりオススメできないかもしれませんが、
『こんな使い方もあるのか!』と知っていただけたら嬉しいです。

では説明していきます!!

野菜に軽く火を通したいときには、排水溝ネットを使う!

まず1つ目に紹介するのは、
排水溝ネットを使った、
野菜に火を通す方法です。

(※今回の火を通すレベルは、生は嫌だけど、食感を残したい!
というレベルです。)

排水溝ネットを料理に使う方法は、
こちらの記事でも紹介していますので、
ご覧ください!

料理の時短に大活躍!?意外な排水溝ネットの使い方!

では、手順を説明していきます!

まず、細かく切った野菜を排水溝ネットに入れます。

その後、ケトル等で沸かしたお湯を、
お茶碗などの器に入れ、そこに!

先ほどの野菜を排水溝ネットに入れたまま、
つけておきます!
(下の画像のような感じです!)

排水溝ネットに入れることによる最大のメリットは、
『野菜をネットに入っているので、
何回も拾う手間がかからない!』

という点です!

これは大幅な時短&ストレス軽減につながりますね~ 😉

お湯にしばらくつけておけば、
ある程度の食感は残したまま
火を通すことができます!!

 

では、作る料理の例を挙げて説明します。
私の得意なポテトサラダ作るとしましょう。

我が家でポテトサラダを作るときは、
じゃがいもはお皿に並べ、
ラップをして電子レンジで加熱して、
火を通しています。

できるなら、
『同時進行で他の野菜の準備もしたいですよね?』

そんなときに今回紹介した、
『排水溝ネットを使った方』を行うことで、
じゃがいもとにんじんを同時に加熱することができました!

これだけでも大幅な時短になると思います!!

また、使う野菜が少量なのに、
わざわざ鍋に水を張りお湯を沸かさないといけない、、

という手間が省けるので、
時短もでき洗い物減る、
さらにまとめて野菜を取り出せるという、
まさに、
『一石三鳥ではないでしょうか!?』

 

まとめ

今回私からは、排水溝ネットを使った、
料理の時短する方法を紹介しました!

今回のポイントは、

同時進行で加熱できるので時短になる!

わざわざ鍋を使わなくてよいので洗い物が減る!

ネットに入れて加熱することで野菜を取り出すのも簡単!!

です!

よければ皆さんもぜひ!
一度試してみてはいかがでしょうか!?

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

 

 

<画像参考>
Freepik - jp.freepik.com によって作成された woman 写真

-料理, 生活の知恵
-, , , ,

© 2021 ドーナツの穴